お歳暮とは一体何なのか

subpage1

お歳暮は、日頃からお世話になっている人に感謝の気持ちと「これからもよろしくお願いします」という気持ちを込めて、年末に贈り物と共に季節の挨拶をすることを言います。

昔はお世話になった人や上司・取引先などに贈るものとして捉えられていましたが、今では親しい友人に贈るケースも一般的になってきました。
感謝の気持ちを込めて贈り物をしたいけれど日本古来の季節の挨拶なので、マナーを守って贈らなければならず難しいと感じている方もいるのではないでしょうか。

お歳暮についての情報を提供しています。

お歳暮は、新年を迎える準備を始める12月13日から12月20日までに贈ることが良いとされています。
しかし、最近では11月の末には贈っても問題ないようです。地域によって贈る時期がズレていることもあるので、贈ろうと考えている人の地域に合わせると間違いありません。



贈るものに関して縛りはないものの、事前に相手の好みをリサーチしておくと喜ばれます。


例えば、コーヒーが苦手な人にコーヒーセットを贈ってしまったり、お酒を飲まない人にお酒の詰め合わせを贈ってしまったりしたら感謝の気持ちが伝わらないからです。
また、包丁のような切れるものや割れやすいグラスなども「縁が切れる」ことを連想させるため、避けた方がよいでしょう。



反対に食べることが好きな人にワンランク上の調味料などを贈ることで、あなたの感謝の気持ちが伝わります。


このようなことを参考に、時期や相手の好みをリサーチして日頃からお世話になっている人への感謝の気持ちを込めてお歳暮を贈ってみてはいかがでしょうか。

お歳暮関係の情報

subpage2

お歳暮は知人や親戚、ビジネスにおいて贈ることが多いです。お歳暮は相手に対して1年の感謝を込めて贈るものであるので、結婚をした場合実家や義両親に贈ったほうが良いのか悩みます。...

next

お歳暮関係の真実

subpage3

お歳暮の言葉の意味は、年の終わりを意味しています。ですが今の現代は年末にかけてお世話になっている上司や親しい友人などに物を贈る行為、またはその送る品物のことを指します。...

next

お歳暮コラム

subpage4

お歳暮を贈る時期は、一般的には12月13日から20日までに贈るべきといわれていますが、最近では11月末に発送する人が増えています。理由は、デパートなどお歳暮ギフトを取り扱うお店で早期割引を実施している影響があるようです。...

next

お歳暮について思うこと

subpage5

日本には、お世話になった方々へ贈り物をする時期が年に二回あります。夏のお中元と冬のお歳暮です。...

next