お歳暮は両親に贈ってよいものなのか

subpage01

お歳暮は知人や親戚、ビジネスにおいて贈ることが多いです。お歳暮は相手に対して1年の感謝を込めて贈るものであるので、結婚をした場合実家や義両親に贈ったほうが良いのか悩みます。お歳暮を風習として贈るようになったのは、年越しに行われていた御霊祭に由来します。御霊祭においては神様にお供えをしていましたがこの神様に贈るという習慣が変化をし、年末にお世話になった人に贈るようになりました。

そのためお世話になった人に贈るため実家や義両親に贈っても問題はなく、もちろん贈らなくても問題はありません。


実際のところ両親にお歳暮を贈っている人は約3割程度となっています。

なお実家や義両親に贈らない理由としては、もともとそのような習慣がない、両親から堅苦しいことはやめるように言われた、帰省時に手土産として渡しているなどのことがあげられます。お歳暮を実家や義両親に贈る場合は金額自体も3千円から5千円程度とし、両親に負担にならないように注意しなくてはなりません。

お歳暮情報はこのサイトにおまかせ下さい。

両親が好きなアルコール類やお菓子などの他、普段買わないような高級な食べ物などを贈ると喜ばれます。
熨斗は通常かけますが、手土産として持っていく場合は無理にかける必要はありません。



熨斗をかける場合は、直接持っていくときは外のしに、遠方に住んでいて送る場合は内のしにします。
持参をする場合は風呂敷に包む、もしくは紙袋に入れていきますが、渡す場合は必ず紙袋から取り出し、正面を両親に向けて渡すように心がけます。