お歳暮を贈るときのマナー

subpage01

お歳暮を贈る時期は、一般的には12月13日から20日までに贈るべきといわれていますが、最近では11月末に発送する人が増えています。

お歳暮に関するご質問を解決いたします。

理由は、デパートなどお歳暮ギフトを取り扱うお店で早期割引を実施している影響があるようです。



贈る時期は、関東や関西では時期の目安が若干異なります。
関東では12月初旬から12月31日まで、関西では12月13日から12月31日までに届けば問題なく、関東でも関西でも12月31日まで届けば問題はないです。
ただし、年末ということで外出している人が多く、お歳暮が届く時期があまり遅くなると迷惑になる可能性があります。地方を問わずに、12月20日ごろまでに届くように、手配するほうが無難です。

お歳暮の品物選びは、予算として3000〜5000円程度が適切といわれており、時期になるとデパートなどでギフト本も用意されているため、ギフト本から選んで贈る家庭も増えております。



選ぶときには、相手に喜んでもらえる品物を選ぶようにします。
相相手の好みや家族構成などを事前に確認しておくと品物選びに役立ち、子供がいる家庭には菓子やジュースなど子供が喜ぶものを、花が好きな人にはグルメとフラワーギフトセットがおすすめです。遠方に住んでいる方に贈る場合には、自分が暮らしている地域のご当地グルメを贈ることもおすすめですが、何を贈っていいか見当がつかない場合には、比較的長持ちする調味料や乾物などが無難で、好みの差がある珍味や賞味期限が短いしなものは避けておきます。