サポーターは機能と素材で選ぶことが不可欠

サポーターを使う目的は大きく3つに分けられ、痛みを軽減することとスポーツでのパフォーマンスをより高めること、さらに美容効果を得ることです。

それぞれで使用目的が異なることから、適した機能を持っているかどうかと、着用するにあたって素材も十分にチェックしておくことが大事です。

サポーターに関する情報満載のサイトです。

痛みの軽減であれば日中のほとんどの時間を着用することになるため、素材が肌にやさしいことは大きな検討項目となります。



痛みは軽減されるけれど、肌に触れるとチクチクしたり時にはかぶれたりといった素材であれば、いくらサポート力に優れていたとしても、長時間使い続けることはできないからです。スポーツにおいて用いるサポーターは、どうしても汗をかく状況で使用することになりますので、選択しやすい素材であるかや、痛みの軽減で用いるときと同様、つけていて肌に不快感をもたらさない素材でできているかどうかの確認も大事になります。
スポーツでは短時間だけ使用するという人もいれば、試合から練習まで比較的長い時間にわたって着用するという人もいます。

美容目的で利用するにしても、夜間に寝ている時に用いるサポーターもあり、いずれの場合も肌にやさしい素材で作られているという条件は、まず最初にチェックすべきと言えそうです。
痛み軽減にスポーツでのパフォーマンスの上昇、美容効果をもたらしてくれるといった具合に、目的にそってしっかりと働いてくれるサポーターであっても、肌に優しくなければ使い続けることはできないことから、機能と素材の両方のチェックが不可欠となります。