お歳暮とはなんでしょう

subpage01

日本には、お世話になった方々へ贈り物をする時期が年に二回あります。
夏のお中元と冬のお歳暮です。
お中元は元々が中国の風習からきているようですが、お歳暮は日本に昔からあった風習を踏襲していることをご存じでしょうか。お歳暮とはもともと文字通り「歳の暮」を表しており、一年を二回に分けて先祖の霊を迎えお供えをしてお祀りする「御霊祭り」を起源としています。その時には分家から本家に、嫁ぎ先から実家にとお供え物が送られました。

お歳暮情報が満載です。

それがいつしか歳の暮にお世話になった方へ挨拶して回る「歳暮回り」という習慣になり、その時に持っていく贈り物をいつしか「お歳暮」と呼ぶようになったようです。



現在では「今までお世話になりました」という感謝の気持ちを込めて、目下の者から目上の方にお送りするものが一般的です。11月末〜12月初旬から手配をして、遅くとも、12月20日までに届くように贈りましょう。
かつては新年を迎えるのに必要な品物が選ばれていたようですが、現在ではお酒・コーヒーなどの飲料、お菓子などが人気です。
けれど何よりも相手に喜んでもらえるものを贈ることが一番大切でしょう。



この頃の傾向として簡易包装が推奨されていますが、やはりのし紙は貼るほうがいいでしょう。
のしを貼ることで、その贈りものが「何であるか」といった意味が伝わりやすくなります。

紅白に印刷されたのし紙を選び、水引の結び目の上には「お歳暮」や「御礼」と書き、結び目の下には自分の氏名を記入します。
一年間の気持ちが先様に伝わる良い機会ととらえて、心を込めて贈るようにしましょう。